妊娠中の風邪って赤ちゃんに影響するの?

妊娠中に風邪をひくと薬もあまり飲めないので大変ですよね?そんな、妊娠中の風邪が赤ちゃんにも影響することってあるのでしょうか?
MENU

妊娠中の風邪って赤ちゃんに影響するの?

妊娠中の風邪が赤ちゃんに与える影響はどのくらいなのか心配になりますよね。ただでさえ妊娠中は食べ物や飲み物、体温管理やむくみ、便秘と色々注意しなければならないことが多い中、うっかり風邪をひいてしまうなんてことはよくあります。

 

妊娠という大きなストレスが与える影響は母体を普段とは違う方向へ持って行ってしまうからです。仕事をしている人であれば、なおさら色々な人と合うので風邪を引いちゃうことだってあります。さて、いきなり結論ですが風邪をひいたからといって胎児に与える影響はないといわれています。

 

ただし、風邪の諸症状が母体に与える影響は少なからずあるので、注意が必要です。たとえば激しい咳をすれば腹筋をつかうので子宮を収縮させてしまうことがあるからです。

 

熱がある程度なら胎児には影響はほとんどありませんし、喉が痛いだけなら耐えればいいのですが、咳を我慢するのは難しいですよね。よって風邪の症状にもよりますが医師に相談するのが一番安心で安全です。妊婦でも風邪の症状を抑える薬というものを処方してもらえるからです。

 

しかし、気を付けなければならないのがインフルエンザです。これは風邪ではないため、症状を抑える薬を使えません。妊娠中という抵抗力が低下しているときにかかってしまうと薬が使えない中、自己治癒力だけで治さなければならないので、大事に至らないために入院が必要になる場合があります。

 

いずれにせよ、体質や個人差によって使える薬にも限界があるので、担当してくれている医師に相談したら安心です。

 

このページの先頭へ